用語集

アルファベット

PCS パワーコンディショナーの略
CIGS ①発電する光の波長帯が広く曇りや朝方・夕方でもよく発電する
②温度上昇時の発電量定価が少なくて済む
③製造時に使用するエネルギーが少なくて済む
JPEA 太陽光発電協会
NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構 の事。経済産業省の管轄になっている
PAS 高圧気中負荷開閉器の事。架空引き込み方式の場合の配電線路の分岐・区分用開閉器(電柱上)
CIS 化合物・半導体系太陽電池の種類の一つ。従来のシリコン系に比べ影の影響が少なく熱に強い。

アモルファス太陽電池 ①変換効率が結晶系に比べ低いがフレキシブル太陽電池が可能で建材一体等が可能
②温度上昇による変換効率の低下率は結晶系より少なくなる特性がある
③効率が低い分結晶系太陽電池に比べ設置面積が大きくなる
アレイ モジュールを複数枚、直列あるいは並列に結線し架台等に設置したもの

買電計 通常一般家庭に設置されている電力の使用状況を計測するメーター
買電用受変電設備 家庭用太陽光発電設置時に設置する。余剰電力を計測するメーター。全量の場合、商用電力系統を受電し必要に応じて低圧の電力電源、電灯電源に変換する。
化合物・半導体系単結晶 複数の元素を主原料としたもの。単結晶は人工衛星などの特殊用途に使用されれ
化合物・半導体系多結晶 多結晶はCISやCdTeなど、多様な材料や構造のものが代表されます。
壁建材型 【設置分類】壁に架台を取り付け太陽電池を設置するもの。標準的なモジュールが仕様される
壁設置型  【設置分類】太陽電池が壁材として機能するもの。カーテンウォールが代表的なもの。
環境関連法令 【産業用関連法令】自然公園法・絶滅の恐れのある野生動物の種の保存に関する法律。土壌汚染対策法・工場立地法 を含む法令。
景観保全条例 京都・鎌倉・金沢・奈良など、「景観保全条例」を設け都市景観保全の観点から規定されている条例。太陽光発電の建築物と街並みとの景観調和を想定していますが、基本的には公共用空地から見えなくすることを基本に工夫を促すことで解決しています。
系統連系 一般に電力会社の配電線網の事を系統と言います。太陽光発電などの発電設備を電力会社の送電及び配電線に接続し運用をすること。日本では、低圧連系・高圧連系・特別高圧連系と3つに区分されている=太陽光系統連携区分
高圧連系 50~2MW未満の電力設備に適応される連系区分
固定価格買取制度 国が法令として定めた余剰電力及び全量電力の買取制度。
2011年度から
・10kW未満   余剰電力42円/kWh   10年固定
・500kW未満   余剰電力40円/kWh   10年固定
・500kW以上 相対取引
2013年度
・10kW未満   余剰電力38円/kWh   10年固定
          余剰電力(ダブル発電)31円/kWh   10年固定
・10kW以上   余剰電力36円/kWh   20年固定
2014年度
・10kW未満   余剰電力37円/kWh   10年固定
          余剰電力(ダブル発電)30円/kWh   10年固定
・10kW以上   余剰電力32円/kWh   20年固定

再エネ賦課金 再生可能エネルギー発電促進賦課金。電力の買取を国民で負担する事。以前は太陽光発電のみが対象だったため、太陽光サーチャージと呼ばれていましたが、現在は風力・地熱などすべてのエネルギーの買取となり名称が変更された。
受変電設備 PCSで交流にされた電力を低圧の動力電源・電灯電源に変換する。もともと低圧受電の場合必要ない場合もあり。
消防建築法令 【産業用関連法令】消防法・建築基準法(パワーコンディショナ収納建屋等 を含む法令
シリコン系多結晶 太陽電池の種類の一つ。太陽電池をつくる過程で不良となったシリコンなどを再利用して製造されている。単結晶に比べ低コスト。
①変換効率は単結晶より若干下がる
②単結晶と同じく温度上昇により変換効率が低下する
③単結晶より安価
シリコン系単結晶 太陽電池の種類の一つ。シリコン原子が規則的に並んでいて高純度のためシリコンのパワーを最大限活かすことができます。発電力にすぐれ、現在もっとも多く生産されている。
①変換効率が高く信頼性もあり、人工衛星などの電源としても用いられる
②結晶系全般に言えるが温度上昇により変換効率が低下する
③ワット当たりのコストが多結晶と比べると割高
④製品の歴史が最も長く豊富な実績をもつ
シリコン系アモルファス 太陽電池の種類の一つ。ガラス・金属等の基板の上に薄膜状のアモルファスシリコンを成長させて作る。
接続箱 直列ごとに接続された太陽電池モジュールから配線を一つにまとめるためのボックス。開閉器や避雷素子の他、太陽電池の電気の逆流防止ダイオードやヒューズも内蔵されている。
積算電力量計 逆潮流あり で電力会社と受給契約を結ぶ場合には、買電用の電力量計と余剰電力売電用の電力量計の2個が必要
設備認定 売電するために、事前に設備の認定を受ける必要があり、設備認定とは、設置した太陽光発電設備が法令で定める要件に適合しているか国において確認するものです。発電設備の認定作業は、現在は申請書類が整ってから認定まで1か月程度の期間がかかっている。
セル 太陽電池の基本単位
全量買取 自身で消費した電力に関係なく、太陽光発電した全ての電力を売電できる方式で。ただし、全量買取制が適用されるのは、設置パネルの総出力10kW以上のみ。基本的には産業用途が前提となっている。買取期間が20年。
総発電電力計 全量買取時に設置される。総発電量を計測するメーター。パワーコンディショナーでも計測する機能があるが精度が保障されていない為、設置する必要がある。

太陽光発電 太陽の光エネルギーをシリコンなどの半導体により、直接電気エネルギーに変換するもの
太陽電池アレイ 直並列接続された複数の太陽電池モジュールを機械的、電気的に課題に取り付けた太陽電池群。
太陽電池架台 太陽電池モジュールを所定の傾斜角を持って取り付けるための架台。一般的には鋼やアルミ合金製。屋根建材型のモジュールの場合は不要となる時もある。
太陽電池モジュール 太陽エネルギーを直接電気エネルギー(直流)に変換するパネル
太陽熱温水器 太陽光で水をお湯に変え熱エネルギーとして利用するシステム
中小規模建築設備 非住宅
低圧連系 ~50kW未満の電力設備に適応される連系区分
電気関連法令 【産業用関連法令】電気事業法・電気技術基準
電磁波 多くのメガソーラー、家庭用が設置されてきましたが、今現在電波障害による報告はなし。
特別高圧連系 2MW以上の電力設備に適応される連系区分
土地利用関連法令 【産業用関連法令】国土利用計画法・都市計画法・農地法・農業振興地域の整備に関する法律・森林法・河川法・道路法・文化財保護法・土地収用法・航空法 を含む法令
トップライト 【設置分類】建物上部の明り取り部に取り付けられるもの。採光性を有する

売電用受変電設備 太陽電池で発電した電力を商用電力系統と連携するための売電専用の変電設備。
バイパスダイオード 逆流防止ダイオードともいう。太陽電池と負荷または蓄電池との間に順方向に接続されたダイオードで負荷または蓄電池からの逆流を防ぐ為のダイオード
パワーコンディショナー 変換の際に一部ロスが生じますが、その変換効率の高さを商品価値として提示されています。接続箱と一体型になっている場合もある。電力会社からの配電線に悪影響を及ぼさないように連系保護装置が内蔵されている。
反射光 太陽光を受けてパネルからの反射光が空港や周辺でクレームに結びつくケースが極稀にあります。その場合、太陽電池モジュール表面に防眩ガラスを用いる場合もありますが、通常の多くの時間帯の太陽位置では反射光は天空へ向かいますので、影響としては軽微と判断されています。
反射シート モジュールに効率よく太陽光を反射させるシート
ひさし型 【設置分類】窓の上部など建物外部に取付金具(架台)を設けて太陽電池を設置し、ひさし機能を有する
避雷針 雷を避ける為、モジュールに取り付ける部材
分電盤 電力を建物内の電気負荷に分配する装置。パワーコンディショナの出力と商用電力系統との連系点。専用ブレーカーが必要。
変換効率 太陽電池が受けた光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を示すもの。セル単体で計測したセル変換効率と、モジュールにパッケージした時の最大寸法での面積から算出したモジュール変換効率の両表現方法がしようされている。

窓材型 【設置分類】窓ガラスの機能を有するもの。ある程度の採光性、透視性を保有する
モジュール セルを必要枚数直列に接続し強化ガラス・樹脂・フィルムで覆いアルミ枠等を付けパッケージしたもの

屋根置き型 【設置分類】屋根材の上に架台を取り付けその上に太陽電池を設置する。勾配屋根型(傾斜のある屋根)・陸屋根型(陸状の傾斜の無い屋根)に分けられる。
屋根建材型 【設置分類】太陽電池自体が屋根材として機能するもの。屋根材に太陽電池が組み込まれた屋根材一体型、太陽電池自体が屋根材として機能する屋根材型がある。
余剰電力の買取制度 太陽光で発電した電気から、使った電気を差引し、余った電気を売電できる制度(家庭用太陽光発電に採用される一般的な制度)。買取期間は住宅用で10年間、産業用で20年。
余剰電力 発電の能力が需要を上回った電力

ルーバー型 【設置分類】開口部のブラインド機能を有するもの
 
①変換効率が高く信頼性もあり、人工衛星などの電源としても用いられる
②結晶系全般に言えるが温度上昇により変換効率が低下する
③ワット当たりのコストが多結晶と比べると割高
④製品の歴史が最も長く豊富な実績をもつ